交通事故によるケガの治療

1 病院と接骨院では治療方法が異なります

 交通事故に遭い、ケガをされた時、病院に行くべきか接骨院に行くべきか悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

 この記事では、そのような場合、どこに通院したらよいのかについて、ご説明させていただきます。

2 病院での治療

 交通事故でケガをしてしまい、病院に通院した場合、まずはレントゲン撮影を行い、骨に異常がないかを確認することが一般的です。

 レントゲン写真からケガの状態を判断し、適切な治療を行っていくことになります。

 牽引、温熱、電気療法といった物理療法によるリハビリ治療のほかに、痛み止めや湿布を処方するケースも見受けられます。

3 接骨院での施術

 厳密には接骨院での治療は施術といいますが、一般的には接骨院が行うものについても治療といわれることが多いので治療と記載します。

 接骨院では、手技によって直接、痛みの原因にアプローチできることが特徴です。

 交通事故の衝撃の大きさによっては、痛みが生じている部分以外の部位も損傷していることがあり、それが痛みの原因となっている場合もありますので、お身体を動かしながら、関節の可動域や筋肉の状態等をみさせていただき、痛みの原因を探ります。

 また、手技以外にも、接骨院で行う一般的な治療として、機器を用いて電流による刺激をお身体の深部に届ける等の治療法もあります。

4 病院と接骨院どちらも通院されることをおすすめします

 このように、交通事故によるケガは、病院、接骨院それぞれにしかできない特徴があります。

 交通事故のケガは原因を特定し、その原因に合った方法で、回復するまでしっかりと治療を受けることが大切です。

 そのため、病院で治療を受けつつ接骨院にも通うなど、無理のない範囲で計画的に治療を受けることをおすすめします。

施術時間

 
午前 -
午後 --

【月~金】
午前8:00~午後12:30
午後4:00~午後 8 :00

【土】
午前8:00~午後12:30

【定休日】
日・祝・土曜午後

所在地

〒478-0036
愛知県知多市
新舞子字明知山102-9

0569-43-8145

お問合せ・アクセス・地図

PageTop